• ¥ 25,704
  • 【INFORMATION】 《サイズ》 本体=W19xH13.5xD12cm(±3mm/ハンドル等含む)、箱=W25.5xH17.5xD15cm 《重量》 本体=950g(±10%)、本体+箱=1400g(±10g) 《素材》 本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、パイン、チーク)、ラジオ部品、ゴム、仕上げオイル、箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 《ラジオ》 FM/AMラジオ(受信周波数:FM=76.0〜108.0MHz、AM=525〜1605KHz) 《電源》 外部電源=5V-1A(AC100-240V、50/60hz、付属AC-DCアダプタ使用)、内蔵蓄電池=3.7V800mAhリチウムイオン電池(充電時間=約4~5時間、連続使用時間=約24時間/ラジオ受信機として使用の場合) 《端子》 電源入力端子(DC-in・付属AC-DCアダプタ使用/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜) 音声入力端子(AUX-in):3.5㎜ミニプラグ(外部音楽再生機器との接続に使用) 音声出力端子(AUX-out):3.5㎜ミニプラグ(外部スピーカーとの接続に使用) 《スピーカー》 10 cm 丸形 4 Ω(最大出力=5000 mW、最大音量=90dB) 《付属品》 AC-DCアダプタ、USB-DCケーブル、3.5mmミニプラグケーブル、メンテナンス用ワイプクロス、取扱説明書(1年間保証付)      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■2つの木材を組み合わせ、丁寧に磨き上げられた木製ラジオ 上品で緻密な黒檀と、優しいぬくもりのあるパインの2つの木材をボディに使い、美しさと可愛らしさを感じさせる洗練されたデザインの木のラジオは、一つ一つが手作りで作られています。 *こちらの「木のラジオ IKoNO++(イコノ ツープラス)」は、AM/FMラジオとして、音楽再生機器をつないでスピーカーとして、外部スピーカーと接続してご使用いただけるモデルです。 magnoではデザインにおいて、「シンプルであること」と「バランスが取れていること」を大切にしています。 木のラジオのチューニングダイヤルには、メモリがありません。使う人が耳を頼りに手探りで聴きたい番組を探し、木のラジオとのコミュニケーションを通じて愛着を持って長く大切に使ってもらいたい、というデザイナーの思いが込められているこの木のラジオは、「より少ない木材で、多くの仕事を」をコンセプトに、素材を活かし、またその素材が生まれる土地とそこに暮らす作り手、製品のデザインのバランスを大切に考えるデザイナー、Singgih.S.Kartonoの代表作。magnoのアイコンとなっている製品です。 <ラジオを聞いたり…> 使い方もシンプルです。電源を入れて(付属のアダプタでコンセントに繋いで使うことも出来ますし、充電してコードレスで楽しむことも出来、移動して使えるのも便利です)、チューニングダイヤルを回し、選局します。チューニングダイヤルには、メモリはついていません。これは、デザイナーがわざと仕掛けた、ラジオとあなたが仲良くなるためのしかけです。指先と耳の感覚を使ってお気に入りの放送を見つけて下さい。AM/FMの切り替えは、背面の切り替えスイッチで。 <iPodやiPhoneで音楽を聞いたり…> iPodやiPhone、mp3プレイヤー等と繋ぐと、スピーカーとしても使用できます。お気に入りの音楽を、木のラジオから楽しめます。付属のケーブルをつかって、AUX-inポート(入力端子ポート)に繋いで下さい。 <外部スピーカーにつないで…> magnoの外部のスピーカー・SPiKONO/スピコノ(http://magno.thebase.in/items/544534)とつないぐと、より音の広がりも楽しめます。付属のケーブルをつかって、AUX-outポート(出力端子ポート)に繋いで下さい。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 23,976
  • 【INFORMATION】 《サイズ》 本体= W23.4 ×H9.6 ×D7.3cm(±3 ㎜)、箱=W27xH16.5xD12 cm 《重量》 本体=約580g( ±10%)、本体+箱=990g(±10g) 《素材》 本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、チーク)、スピーカー部品、仕上げオイル、箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 《Bluetooth® 仕様》 バージョン=Bluetooth® ver 2.1 + EDR、出力クラス=Class 2、通信方式=FHSS(周波数ホッピング方式)、通信距離=最大10m(屋内見通し距離/通信を行うBluetooth® 機器の性能やそれぞれの電源存量、周囲の環境に依存します。)、周波数帯域=2.4GHZ~2.480GHZ、受信感度=-80dBm @0.1%BER、対応OS=Windows 8, 7, Vista、MAC OS X 10.5 以上 《動作時環境条件》 温度=0℃~ 35℃、相対湿度=20%~ 80%(ただし、結露無きこと) 《保管時環境条件》 温度=-10℃~ 50℃、相対湿度 =10%~ 90% 《電源》 外部電源=5V-1A(AC100-240V、50/60hz、付属AC-DCアダプタ使用/使用/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜)、内蔵蓄電池=3.7V800mAhリチウムイオン電池(充電時間=約4時間、連続使用時間=約10時間/中程度の音量の場合) 《端子》 電源入力端子(DC-in/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜・付属AC-DCアダプタ使用)、音声入力端子(AUX-in):3.5㎜ミニプラグ(外部音楽再生機器との接続に使用) 《スピーカー》 4 cm 丸形4 Ω × 2(ステレオ)(最大出力=3000 mW × 2、最大音量=85dB(±3)) 《付属品》 AC-DCアダプタ、USB-DCケーブル、3.5mmミニプラグケーブル、メンテナンス用ワイプクロス、取扱説明書(1年間保証付) Designed by Singgih S. Kartono MADE IN INDONESIA ■ シンプルでぬくもりのある、Bluetoothスピーカー magnoの他の製品同様に、2つの木材を組み合わせて丁寧に磨き上げられ作られたBluetoothスピーカーです。こちらのWesternモデルは、ボディに黒檀=ローズウッドとチークが用いられており、上品で洗練された美しさが特徴的です。 magnoではデザインにおいて、「シンプルであること」と「バランスが取れていること」を大切にしています。このBluetoothスピーカーのシリーズは、西洋、東洋、それぞれのスタンダードな木製キャビネットからデザインのインスピレーションを得て形づくられました。古いものと新しいものとがバランス良く共存したこの形には、懐かしさと新しさが同時に感じられる、不思議な魅力があります。 木のラジオ同様、電源/音量ダイヤルやLED表示部分には、特別な表記はありません。使用なさる方がご自身の耳や手などを使って日々行う製品とコミュニケーションを通じて、愛着を持って長く大切に使ってもらいたい、というデザイナーの思いが込められています。 <Bluetooth接続で音楽をきく…> 使い方もシンプルです。電源を入れて(付属のアダプタでコンセントに繋いで使うことも出来ますし、充電してコードレスで楽しむことも出来、移動して使えるのも便利です)、スマートフォンなど、お手持ちのBluetooth機器とのペアリングを行えば、すぐに音楽を楽しめます。Bluetooth 2.1に準拠したワイヤレススピーカーで、通信距離は最大約10mです。 <Bluetoothのない機器とは付属ケーブルでつないで> こちらの「SPiKO-BT(スピコ ブルートゥース)」シリーズはステレオミニの入力端子も備えています。付属のケーブルを使用して、Bluetooth機能のない音楽再生機器をつないで、スピーカーとしてもご使用いただけます。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 22,896
  • 【INFORMATION】 《サイズ》 本体= W23.4 ×H9 ×D7.3cm(±3 ㎜)、箱=W27xH16.5xD12 cm 《重量》 本体=約550g( ±10%)、本体+箱=960g(±10g) 《素材》 本体=木材(パイン、ジャワ黒檀=ローズウッド)、仕上げオイル、箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 《Bluetooth® 仕様》 バージョン=Bluetooth® ver 2.1 + EDR、出力クラス=Class 2、通信方式=FHSS(周波数ホッピング方式)、通信距離=最大10m(屋内見通し距離/通信を行うBluetooth® 機器の性能やそれぞれの電源存量、周囲の環境に依存します。)、周波数帯域=2.4GHZ~2.480GHZ、受信感度=-80dBm @0.1%BER、対応OS=Windows 8, 7, Vista、MAC OS X 10.5 以上 《動作時環境条件》 温度=0℃~ 35℃、相対湿度=20%~ 80%(ただし、結露無きこと) 《保管時環境条件》 温度=-10℃~ 50℃、相対湿度 =10%~ 90% 《電源》 外部電源=5V-1A(AC100-240V、50/60hz、付属AC-DCアダプタ使用/使用/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜)、内蔵蓄電池=3.7V800mAhリチウムイオン電池(充電時間=約4時間、連続使用時間=約10時間/中程度の音量の場合) 《端子》 電源入力端子(DC-in/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜・付属AC-DCアダプタ使用)、音声入力端子(AUX-in):3.5㎜ミニプラグ(外部音楽再生機器との接続に使用) 《スピーカー》 4 cm 丸形4 Ω × 2(ステレオ)(最大出力=3000 mW × 2、最大音量=85dB(±3)) 《付属品》 AC-DCアダプタ、USB-DCケーブル、3.5mmミニプラグケーブル、メンテナンス用ワイプクロス、取扱説明書(1年間保証付) Designed by Singgih S. Kartono MADE IN INDONESIA ■ シンプルでぬくもりのある、Bluetoothスピーカー magnoの他の製品同様に、2つの木材を組み合わせて丁寧に磨き上げられ作られたBluetoothスピーカーです。こちらのAsian-Rosewoodモデルは、ボディにパインと黒檀=ローズウッドが用いられています。柔らかな色味のパインと、緻密な黒檀のコントラストが美しいデザインです。 magnoではデザインにおいて、「シンプルであること」と「バランスが取れていること」を大切にしています。このBluetoothスピーカーのシリーズは、西洋、東洋、それぞれのスタンダードな木製キャビネットからデザインのインスピレーションを得て形づくられました。古いものと新しいものとがバランス良く共存したこの形には、懐かしさと新しさが同時に感じられる、不思議な魅力があります。 木のラジオ同様、電源/音量ダイヤルやLED表示部分には、特別な表記はありません。使用なさる方がご自身の耳や手などを使って日々行う製品とコミュニケーションを通じて、愛着を持って長く大切に使ってもらいたい、というデザイナーの思いが込められています。 <Bluetooth接続で音楽をきく…> 使い方もシンプルです。電源を入れて(付属のアダプタでコンセントに繋いで使うことも出来ますし、充電してコードレスで楽しむことも出来、移動して使えるのも便利です)、スマートフォンなど、お手持ちのBluetooth機器とのペアリングを行えば、すぐに音楽を楽しめます。Bluetooth 2.1に準拠したワイヤレススピーカーで、通信距離は最大約10mです。 <Bluetoothのない機器とは付属ケーブルでつないで> こちらの「SPiKO-BT(スピコ ブルートゥース)」シリーズはステレオミニの入力端子も備えています。付属のケーブルを使用して、Bluetooth機能のない音楽再生機器をつないで、スピーカーとしてもご使用いただけます。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 22,896
  • 【INFORMATION】 《サイズ》 本体= W23.4 ×H9 ×D7.3cm(±3 ㎜)、箱=W27xH16.5xD12 cm 《重量》 本体=約550g( ±10%)、本体+箱=960g(±10g) 《素材》 本体=木材(チーク、パイン)、仕上げオイル、箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 《Bluetooth® 仕様》 バージョン=Bluetooth® ver 2.1 + EDR、出力クラス=Class 2、通信方式=FHSS(周波数ホッピング方式)、通信距離=最大10m(屋内見通し距離/通信を行うBluetooth® 機器の性能やそれぞれの電源存量、周囲の環境に依存します。)、周波数帯域=2.4GHZ~2.480GHZ、受信感度=-80dBm @0.1%BER、対応OS=Windows 8, 7, Vista、MAC OS X 10.5 以上 《動作時環境条件》 温度=0℃~ 35℃、相対湿度=20%~ 80%(ただし、結露無きこと) 《保管時環境条件》 温度=-10℃~ 50℃、相対湿度 =10%~ 90% 《電源》 外部電源=5V-1A(AC100-240V、50/60hz、付属AC-DCアダプタ使用/使用/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜)、内蔵蓄電池=3.7V800mAhリチウムイオン電池(充電時間=約4時間、連続使用時間=約10時間/中程度の音量の場合) 《端子》 電源入力端子(DC-in/内径φ1.3 ㎜、外形φ3.5 ㎜・付属AC-DCアダプタ使用)、音声入力端子(AUX-in):3.5㎜ミニプラグ(外部音楽再生機器との接続に使用) 《スピーカー》 4 cm 丸形4 Ω × 2(ステレオ)(最大出力=3000 mW × 2、最大音量=85dB(±3)) 《付属品》 AC-DCアダプタ、USB-DCケーブル、3.5mmミニプラグケーブル、メンテナンス用ワイプクロス、取扱説明書(1年間保証付) Designed by Singgih S. Kartono MADE IN INDONESIA ■ シンプルでぬくもりのある、Bluetoothスピーカー magnoの他の製品同様に、2つの木材を組み合わせて丁寧に磨き上げられ作られたBluetoothスピーカーです。こちらのAsian-Teakモデルは、ボディにパインとチーク材が用いられています。柔らかな色味と、素朴な美しさが特徴的です。 magnoではデザインにおいて、「シンプルであること」と「バランスが取れていること」を大切にしています。このBluetoothスピーカーのシリーズは、西洋、東洋、それぞれのスタンダードな木製キャビネットからデザインのインスピレーションを得て形づくられました。古いものと新しいものとがバランス良く共存したこの形には、懐かしさと新しさが同時に感じられる、不思議な魅力があります。 木のラジオ同様、電源/音量ダイヤルやLED表示部分には、特別な表記はありません。使用なさる方がご自身の耳や手などを使って日々行う製品とコミュニケーションを通じて、愛着を持って長く大切に使ってもらいたい、というデザイナーの思いが込められています。 <Bluetooth接続で音楽をきく…> 使い方もシンプルです。電源を入れて(付属のアダプタでコンセントに繋いで使うことも出来ますし、充電してコードレスで楽しむことも出来、移動して使えるのも便利です)、スマートフォンなど、お手持ちのBluetooth機器とのペアリングを行えば、すぐに音楽を楽しめます。Bluetooth 2.1に準拠したワイヤレススピーカーで、通信距離は最大約10mです。 <Bluetoothのない機器とは付属ケーブルでつないで> こちらの「SPiKO-BT(スピコ ブルートゥース)」シリーズはステレオミニの入力端子も備えています。付属のケーブルを使用して、Bluetooth機能のない音楽再生機器をつないで、スピーカーとしてもご使用いただけます。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,592
  • 【INFORMATION】 《サイズ》 本体= W10.5 ×H12.3×D5cm(±3 ㎜)、箱=W7xH1.5xD15.5cm 《重量》 本体=約240g( ±10%)、本体+箱=300g(±10g) 《素材》 本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、パイン)、仕上げオイル、箱=紙 Designed by Singgih S. Kartono MADE IN INDONESIA ■ 木のラジオの隣に並べて使う木のスマートフォンスタンド 上品で緻密な黒檀と、優しいぬくもりのあるパインの2つの木材を気生み合わせたスマートフォンスタンドです。シンプルで洗練されたデザインは、magnoの木のラジオとと一緒に並べて使うのにぴったりです。iPodやiPhoneで音楽を聞く際に、ぜひご使用ください。 <iPadミニのスタンドとしても> スマートフォンのためのスタンドではありますが、コンパクトなiPadミニでしたら、こちらのスタンドでたてられます。iPadから音楽を聴くときや、映像を楽しむ際に重宝します。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 8,424
  • 【INFORMATION】 《サイズ》 本体= W11.2 ×H11.8×D9.8cm(±3 ㎜)、箱=W14.5xH17.5xD15cm 《重量》 本体=約660g( ±10%)、本体+箱=760g(±10g) 《素材》 本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、チーク)、スピーカー部品、仕上げオイル、箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 《スピーカー》 サイズ=10 cm 丸形、インピーダンス=4 Ω、最大出力=3000 mW 、最大音量=90dB ※このスピーカーは電源を使わないパッシブ方式で、音量増幅機能はありません。 《端子》 音声入力端子(AUX-in):3.5㎜ミニプラグ(外部音楽再生機器との接続に使用) 《付属品》 3.5mmミニプラグケーブル、取扱説明書(1年間保証付) Designed by Singgih S. Kartono MADE IN INDONESIA ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,873
  • サイズ: 本体=W6.2×D5.2×H2cm(±3mm)      箱=W7.5×D9.0×H4.5cm 重量:  本体=45g(±5g)、本体+箱=80g(±5g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀)、ガラス、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) レンズ: 35mmレンズ、倍率2.5倍      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ まるいフォルムがかわいい、折りたたみ式ルーペ スライドさせてレンズを出せる折りたたみ式のルーペ。持ち運び時もレンズが傷付く心配がありません。ポケットにしのばせて、ちょっと読みづらい文字を見るのに重宝します。丁寧に磨き上げられたジャワ黒檀のルーペは、手触りがよく、しっくりと手になじみます。 ■ シンプルにデザインされたパッケージは、贈り物にも 美しいデザインのルーペは 観察が好きなお子様への入学のお祝いや、文房具にこだわりがある方、また最近新聞など読みづらくなってきたなという方にプレゼントすると喜んでもらえそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,873
  • サイズ: 本体=W10.7×D5.5×H1.2cm(±3mm)      箱=W16.8×D6.5×H2.7cm 重量:  本体=45g(±5g)、本体+箱=80g(±5g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、ガラス、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) レンズ: 35mmレンズ、倍率2.5倍      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 木のぬくもりで、自然観察を。木のハンドルのルーペ ジャワ黒檀とマホガニーを組み合わせて作られた、小さな木の虫眼鏡です。季節の植物を観察したり、いつものものも違った目線で観察したり、「見る」ということを、よりわくわくしたものにしてくれるでしょう。木の質感がしっくりと手になじみます。 ■ シンプルにデザインされたパッケージは、贈り物にも 美しいデザインのルーペは 観察が好きなお子様への入学のお祝いや、文房具にこだわりがある方、また最近新聞など読みづらくなってきたなという方にプレゼントすると喜んでもらえそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,873
  • サイズ: 本体=W5.2×D5.2×H2cm(±3mm)      箱=W7.5×D9.0×H4.5cm 重量:  本体=40g(±5g)、本体+箱=75g(±5g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀)、コンパス部品、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮)      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ まあるいフォルムが手になじむ、折りたたみ式のコンパス。 スライドさせて盤面がしまえる、折りたたみ式のコンパスです。ころんと、まあるく丁寧に磨き上げられたジャワ黒檀は、手触りがよく、しっくりと手になじみます。夜空の観察や旅先での方位の確認などに。 ■ シンプルにデザインされたパッケージは、贈り物にも 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,873
  • サイズ: 箱=W7.5×D9.0×H4.5cm 重量:  本体=65g(±5g)、本体+箱=100g(±5g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、真鍮、革、紐、テグス、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 内容:  ヨーヨー、けん玉、こま      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 子供だけでなく、大人へも。息抜きのための卓上おもちゃ ToiSUは「Toy for Soul」。つまり、こころのおもちゃ、という意味。 ヨーヨー、けん玉、こまといったおもちゃは、指先の微妙な力加減が必要で、単なる遊びとしてだけではなく、集中力やバランス力を養うことも期待出来そう。子供の遊びとしてだけでなく、デスクの上において、仕事に行き詰まった時の息抜きや頭の切り替えにも役立ちそうです。 ■ シンプルにデザインされたパッケージは、贈り物にも 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。パッケージには、デザイナーのSinggih氏による詩も入っています。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 8,100
  • サイズ: 本体=W10.5×D5×H12cm、箱=W11.5×D14.5×H6cm 重量:  本体=160g(±10g)、本体+箱=240g(±10g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、パイン、マホガニー)、時計ムーブメント、ゴム、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 電源:  単三乾電池1本使用        アルカリ電池またはマンガン電池を使用してください。        充電式電池は時計には不向きな電池です。作動不良を起こす場合がありますので、        使用をお控え下さい。 ムーブメント:スイープ式(機械式時計)        秒針がなめらかに回転する「スイープ式」のムーブメントです。カチカチと刻む音が無く、        デスクやリビング、寝室などでの落ち着いた空間作りをお手伝いします。        *目覚ましの機能はありません。 時間精度: 平均月差±60秒以内 付属品: 取扱説明書(6ヵ月保証付)、お試し用単三乾電池乾電池(1本、保証対象外)      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■2つの木材を組み合わせた丁寧に磨き上げられた時計 黒檀と、優しいぬくもりのあるパインの2つの木材を合わせたmagnoらしい表情の時計です。 magnoではデザインにおいて、「シンプルであること」と「バランスが取れていること」を大切にしています。こちらの時計には、木のラジオ同様に、数字や文字の記載はありません。使う人が製品と時をともに過ごしてゆき、時計とのコミュニケーションを通じて愛着を持ち、長く大切に使ってもらいたい、というデザイナーの思いが込められています。 <寝室やリビングに…> ムーブメントは、スイープ式を採用しており、静かに時を知らせてくれます。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 10,260
  • サイズ: 箱=W16.8×D15×H5.2cm 重量:  300g(±10g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、ステープラー部品、刃、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 内容:  ・ミニステープラー      ・テープディスペンサー      ・カッター      ・レターオープナー      ・ペン・カード・レターホルダー      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 美しい木製の文房具の魅力がぎっしり詰まったデスクトップセット。 magnoの美しく機能的な全4点のステーショナリーに、ペン・カード・レターホルダーが加わり、一つの箱に収められた文房具のセットです。便利なだけでなく、書類整理や手紙を書くことが楽しくなりそうです。 <ステープラー> 小さいながらも、使い勝手がよい、木のステープラー。ヒンジの後ろ側には、留めた針を外すためのリムーバーも備わっており、実用性もしっかり。 *替針には10号の替針(最も一般的に使用されているもの)をご使用ください。 <テープディスペンサー> 手になじむ、小さな木のテープディスペンサー。丁寧に仕上げられた木の手触りは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。使い終わったテープの芯を組み合わせて、マスキング用のディスペンサーとして使うという裏技もあります。 *替テープは一般的な小さいテープ(巻芯径25mm)のものをご使用ください。 <カッター> シンプルでスマートな木のカッターナイフ。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地です。机の引き出しに入っているととっても便利。刃を折るためのミゾもついています。 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。 <レターオープナー> 2つの木材の色のコントラストが美しいレターオープナー。手紙やダイレクトメール、請求書の開に。木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。 <ペン・カード・レターホルダー> このセットにのみ、含まれているペン・カード・レターホルダー。2本のペン、ビジネスカード等のカード、ハガキや封筒などをたてることができます。大事な郵便物の定位置としても。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 8,122
  • サイズ: 箱=W16.8×D8×H5.2cm 重量:  200g(±10g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、ステープラー部品、刃、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 内容:  ・ミニステープラー      ・テープディスペンサー      ・カッター      ・レターオープナー      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 美しい木製の文房具の魅力がぎっしり詰まったデスクトップセット。 magnoの美しく機能的な全4点のステーショナリーが一つの箱に収められた文房具のセットです。便利なだけでなく、書類整理や手紙を書くことが楽しくなりそうです。 <ステープラー> 小さいながらも、使い勝手がよい、木のステープラー。ヒンジの後ろ側には、留めた針を外すためのリムーバーも備わっており、実用性もしっかり。 *替針には10号の替針(最も一般的に使用されているもの)をご使用ください。 <テープディスペンサー> 手になじむ、小さな木のテープディスペンサー。丁寧に仕上げられた木の手触りは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。使い終わったテープの芯を組み合わせて、マスキング用のディスペンサーとして使うという裏技もあります。 *替テープは一般的な小さいテープ(巻芯径25mm)のものをご使用ください。 <カッター> シンプルでスマートな木のカッターナイフ。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地です。机の引き出しに入っているととっても便利。刃を折るためのミゾもついています。 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。 <レターオープナー> 2つの木材の色のコントラストが美しいレターオープナー。手紙やダイレクトメール、請求書の開に。木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 5,422
  • サイズ: 箱=W16.8×D8×H5.2cm 重量:  150g(±10g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、ステープラー部品、刃、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 内容:  ・ミニステープラー      ・テープディスペンサー      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 美しい木製の文房具の魅力がぎっしり詰まったデスクトップセット。 magnoのステープラーとテープディスペンサーのセットです。別々に買うよりも少しだけお得です。便利なだけでなく、書類整理や手紙を書くことが楽しくなりそう。 <ステープラー> 小さいながらも、使い勝手がよい、木のステープラー。ヒンジの後ろ側には、留めた針を外すためのリムーバーも備わっており、実用性もしっかり。 *替針には10号の替針(最も一般的に使用されているもの)をご使用ください。 <テープディスペンサー> 手になじむ、小さな木のテープディスペンサー。丁寧に仕上げられた木の手触りは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。使い終わったテープの芯を組み合わせて、マスキング用のディスペンサーとして使うという裏技もあります。 *替テープは一般的な小さいテープ(巻芯径25mm)のものをご使用ください。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,700
  • サイズ: 箱=W16.8×D6.5×H2.7cm 重量:  60g(±10g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、刃、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) 内容:  ・カッター      ・レターオープナー      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ あると便利な2つのステーショナリーのセット magnoのカッターとレターオープナーのセットです。別々に買うよりも少しだけお得です。手元にあるとなにかと便利な2点セット。書類整理や手紙を書くことが楽しくなりそう。 <カッター> シンプルでスマートな木のカッターナイフ。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地です。机の引き出しに入っているととっても便利。刃を折るためのミゾもついています。 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。 <レターオープナー> 2つの木材の色のコントラストが美しいレターオープナー。手紙やダイレクトメール、請求書の開に。木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,873
  • サイズ: 本体=W5.2×D5.2×H2cm(±3mm)      箱=W7.5×D9.0×H4.5cm 重量:  本体=60g(±5g)、本体+箱=95g(±5g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、ステープラー部品、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) *替針には10号の替針(最も一般的に使用されているもの)をご使用ください。      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 手になじむ、小さな木のステープラー。   頻繁に使う文房具こそ、使っていて嬉しくなるものを。 小さいながらも、使い勝手がよい、木のステープラー。その手触りの良さは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。ヒンジの後ろ側には、留めた針を外すためのリムーバーも備わっており、実用性もしっかり。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 2,873
  • サイズ: 本体=W7.8×D3.5×H4.1cm(±3mm)      箱=W7.5×D9.0×H4.5cm 重量:  本体=60g(±5g)、本体+箱=95g(±5g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、刃、真鍮、仕上げオイル      箱=紙、木材、紐(綿)、鳩目(真鍮) *替テープは一般的な小さいテープ(巻芯径25mm)のものをご使用ください。      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 手になじむ、小さな木のテープディスペンサー。   頻繁に使う文房具こそ、使っていて嬉しくなるものを。 小さいながらも、使い勝手がよい、木のテープディスペンサー。その手触りの良さは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。使い終わったテープの芯を組み合わせて、マスキング用のディスペンサーとして使うという裏技もあります。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 1,728
  • ※メール便でのご購入をご希望の方は、商品一覧下方にある「〘メール便〠〙KaTO/カト(カッター)」よりご購入ください。(代金引換をご希望の場合はメール便はお選びいただけません。) サイズ: 本体=W15×D2.3×H1.2cm(±2mm)      箱=W17×D4×H1.3cm 重量:  本体=15g(±2g)、本体+箱=25g(±2g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、マホガニー)、刃、仕上げオイル      箱=紙 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ シンプルでスマートな木のカッターナイフ。 2つの木材の色のコントラストが美しいカッターナイフ刃。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。紙を切ったり、封を開けたり、鉛筆を削ったり。机の引き出しに入っているととっても便利です。刃を折るためのミゾもついています。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 1,728
  • ※代金引換でのご購入をご希望の方は、メール便をお選び頂けません。商品一覧上方にある「KaTO/カト(カッター)」よりご購入ください。 サイズ: 本体=W15×D2.3×H1.2cm(±2mm)      箱=W17×D4×H1.3cm 重量:  本体=15g(±2g)、本体+箱=25g(±2g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、マホガニー)、刃、仕上げオイル      箱=紙 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ シンプルでスマートな木のカッターナイフ。 2つの木材の色のコントラストが美しいカッターナイフ刃。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。紙を切ったり、封を開けたり、鉛筆を削ったり。机の引き出しに入っているととっても便利です。刃を折るためのミゾもついています。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 1,296
  • ※メール便でのご購入をご希望の方は、商品一覧下方にある「〘メール便〠〙OPeNO/オペノ(レターオープナー)」よりご購入ください。(代金引換をご希望の場合はメール便はお選びいただけません。) サイズ: 本体=W15×D1.8×H0.6cm(±2mm)      箱=W17×D4×H1.3cm 重量:  本体=10g(±2g)、本体+箱=20g(±2g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、仕上げオイル      箱=紙      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 2つの木材の色のコントラストが美しいレターオープナー。 手紙やダイレクトメール、請求書の開に。木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 1,296
  • ※代金引換でのご購入をご希望の方は、メール便をお選び頂けません。商品一覧上方にある「OPeNO/オペノ(レターオープナー)」よりご購入ください。 サイズ: 本体=W15×D1.8×H0.6cm(±2mm)      箱=W17×D4×H1.3cm 重量:  本体=10g(±2g)、本体+箱=20g(±2g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、マホガニー)、仕上げオイル      箱=紙      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ 2つの木材の色のコントラストが美しいレターオープナー。 手紙やダイレクトメール、請求書の開に。木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 1,080
  • ※代金引換でのご購入をご希望の方は、メール便をお選び頂けません。商品一覧上方にある「Cutter/カッター」よりご購入ください。 ※指のあたる部分が滑らかにけずられているデザインになります。以前のデザインのものになり、在庫のみの商品です。 サイズ: 本体=W15×D2.3×H1.2cm(±2mm)      箱=W17×D4×H1.3cm 重量:  本体=15g(±2g)、本体+箱=25g(±2g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀=ローズウッド、マホガニー)、刃、仕上げオイル      箱=紙 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ■ シンプルでスマートな木のカッターナイフ。 2つの木材の色のコントラストが美しいカッターナイフ刃。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。紙を切ったり、封を開けたり、鉛筆を削ったり。机の引き出しに入っているととっても便利です。刃を折るためのミゾもついています。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan

  • ¥ 9,000
  • *パッケージデザイン変更のため、消費税分お値引きしております。 *SeTO-1/セト1 (文具5点セット)と同じ内容です。 サイズ: 箱=W16.8×D15×H5.2cm 重量:  300g(±10g) 素材:  本体=木材(ジャワ黒檀、マホガニー)、ステープラー部品、刃、真鍮、仕上げオイル      箱=木材(アルバシア) 内容:  ・ミニステープラー      ・テープディスペンサー      ・カッター      ・レターオープナー      ・ペン・カード・レターホルダー      Designed by Singgih S. Kartono      MADE IN INDONESIA ※カッターのデザインが以前のデザインのものになり、在庫のみの商品です。指のあたる部分が滑らかにけずられているデザインになります。木箱入りです。 ■ 美しい木製の文房具の魅力がぎっしり詰まったデスクトップセット。 magnoの美しく機能的な全4点のステーショナリーに、ペン・カード・レターホルダーが加わり、一つの箱に収められた文房具のセットです。便利なだけでなく、書類整理や手紙を書くことが楽しくなりそうです。 <ステープラー> 小さいながらも、使い勝手がよい、木のステープラー。ヒンジの後ろ側には、留めた針を外すためのリムーバーも備わっており、実用性もしっかり。 *替針には10号の替針(最も一般的に使用されているもの)をご使用ください。 <テープディスペンサー> 手になじむ、小さな木のテープディスペンサー。丁寧に仕上げられた木の手触りは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。使い終わったテープの芯を組み合わせて、マスキング用のディスペンサーとして使うという裏技もあります。 *替テープは一般的な小さいテープ(巻芯径25mm)のものをご使用ください。 <カッター> シンプルでスマートな木のカッターナイフ。本体も親指があたるスライダー部分も木でできており、木ならではの柔らかな握り心地です。机の引き出しに入っているととっても便利。刃を折るためのミゾもついています。 *替刃には一般的なカッターの刃(小型刃・長さ85.3×幅9.2mm)のものをご使用ください。同じ幅のものであれば30度の刃もご使用頂けます。 *素材が木のため、季節・気候の変化、乾燥により、後ろのキャップが抜けやすくなってしまう場合がありますが、その場合は、キャップを外し、金具部分を硬い物で少し押すなどして調整しご使用ください。 <レターオープナー> 2つの木材の色のコントラストが美しいレターオープナー。手紙やダイレクトメール、請求書の開に。木ならではの柔らかな握り心地、手触りの良さは、木という素材の魅力を再認識させてくれます。 <ペン・カード・レターホルダー> このセットにのみ、含まれているペン・カード・レターホルダー。2本のペン、ビジネスカード等のカード、ハガキや封筒などをたてることができます。大事な郵便物の定位置としても。 ■ 作業する手元も綺麗に。贈り物にも。 シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。 紙と木を組み合わせデザインされたパッケージは、そのまま贈り物としても素敵です。 ■「magno(マグノ)」とは? 「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。 インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。 木材は、工房のあるインドネシアのジャワ島中東部の森の、計画伐採されたものを使用しています。「magno」の活動は、2本の木で1人の職人が1年間生活してゆける仕事を提供しています。また、「Cut Less, Plant More.(切るよりも、多くを植えよう)」をモットーに、売上げの一部を活用し、苗木の育成、村の植林活動(2012年は1本の木を使用した場合125本の苗木を植えました)、森林農業でのコーヒー栽培、有機農業等を行い、村全体の活性化に繋がる活動にも力をいれています。 ■ 注意事項とメンテナンス ・magnoの製品は天然素材利用のため、木目など製品によって個体差があり、小さな傷やムラのある場合もあります。あらかじめご了承下さい。 ・デリケートな素材のため、取り扱いは丁寧にお願いします。 ・木の質感を活かすためにオイルで仕上げてあります。木の製品は、長く使い続けていただくためには、木を乾燥から守るために、お手入れが必要になります。使用後や乾燥が気になった時は、チークやパイン等のオイル(食用オリーブオイル等でもかまいません)を一滴ほどたらした柔らかな布で拭き、仕上げに乾いた布で拭いてあげてください。木のお友達を、どうぞ仲良く、大切にして下さい。 ■ 送料・決済など、お取り引きに関する詳細は… 本サイト「About」(http://magno.thebase.in/about)、または「特定商取引法に基づく表記」(http://magno.thebase.in/law)をご覧下さい。ノベルティやお取り扱いのご相談も受け付けています。 ■「magno」について、より詳しくは下記から.... 本サイト「About」のページ http://magno.thebase.in/about magno Japan ホームページ http://the-amber.jp/magno/ magno Japan facebookページ https://www.facebook.com/magnojapan